賃貸一戸建ての暮らしは

賃貸一戸建てに暮らす

不動産

賃貸一戸建てのガレージフェンス

賃貸一戸建てに入居していて、意外と困惑するもののひとつが、ガレージのフェンスです。これが損壊してしまった場合に、一戸建てのオーナーによっては修理をしてもらえない場合があるからです。賃貸一戸建ての場合には、ガレージとしての機能さえ正常に働いていれば、フェンスや外灯などの安全対策は後回しになりがちなこともあります。ガレージのフェンスが壊れてしまった場合で、防犯対策として対処したいときには、チェーンを利用すると良いでしょう。フェンス本体が壊れてしまっても、両端のポールが無事であれば、チェーンを巻きつけられます。

賃貸一戸建ての庭木の管理

賃貸一戸建ては、庭の施工されている物件も多いです。庭に庭木が植えられている場合は、庭木の所有権に注意が必要です。庭木の種類によっては、無断で伐採すると、弁償させられてしまうこともあるからです。庭木の所有権はオーナーに所属します。庭木が植えられている賃貸一戸建ては、庭木の管理をどうしたらよいのか、不動産会社と話し合っておくのが賢明です。定期的に剪定してもらえることもありますし、不動産会社の許可があれば、入居者の自由に枝や幹を小さく切り詰めて、管理できます。

↑PAGE TOP