賃貸契約で事前に確認すること

賃貸住宅の契約解除

不動産

賃貸住宅契約の必要な確認

賃貸住宅の契約時には、契約解除時についても確認しておきましょう。気に入ったお部屋が見つかり、長く住むつもりで入居しても、もしかしたら引っ越しになるかもしれません。例えば転勤、結婚、身内の急病などが主な理由でしょう。急な引っ越しですと、思わぬトラブルを招くこともあります。賃貸住宅の場合、契約解除の際には要件があります。チェックポイントは、契約を解除することを大家さんや不動産会社に知らせるタイミングです。退去の1ヶ月前や2ヶ月前には解約通知書が必要など、物件ごとに異なりますので注意が必要です。引っ越しの間際になっての解約ですと、違約金が発生する場合もあります。

契約の重要事項の要件

不動産などの賃貸をする時には、資格を持った業者から重要事項の説明を受けることになっています。内容は法律も絡んできますので、少し難しいですが、予期しないトラブルにならないためにも理解しておくことが必要です。重要事項の要件はいくつかありますが、賃貸契約時に大切なチェックポイントは家賃に関することと契約解除に関することです。借りる側が負い目を感じて大家さんに有利な契約を結ぶことがないように、知り合いに詳しい人がいれば同席してもらうのもいい方法です。たとえいい物件でもないように疑問があれば他の物件に変えたほうがいいでしょう。

↑PAGE TOP