賃貸契約での注意事項

賃貸物件の契約書

不動産

賃貸借契約書を確認する

賃貸物件を借りる時は契約を結びますが、契約書には多くの事柄が記載されているので細かい部分までしっかり確認してから署名と捺印を行う必要があります。チェックポイントは項目ごとに分けて整理しましょう。家賃の支払い方法や延滞した時の措置、賃貸物件から退去する際の連絡方法についても細かく載っています。必ず確認しておきたいのが反社会的勢力の排除に関する項目です。貸主も借主も反社会的勢力ではないことを明記しなければならないことが国土交通省が公表した条項に盛り込まれています。この項目があれば、万一反社会的な行為があった時に解除することができます。

契約時の確認ポイント

賃貸物件を契約する時に、反社会的勢力でないという旨のサインを求められることがあります。これはどういうことかというと、暴力団等の組織に物件を貸さない、排除するということを目的としたものです。そのような団体の事務所を賃貸物件に置くことはおろか、暴力団等に属する人間が居住することも出来ないようにすることが目的です。もしも暴力団等の構成員が、職業を偽って契約し、入居後に発覚した場合は強制退去になります。チェックポイントは、反社会的勢力の撲滅を業界団体を挙げて目指しているということです。住む所さえ借りづらくなれば、暴力団等の構成員は自然と減っていくものなのです。

↑PAGE TOP